治療方針に疑問を持ったらセカンドオピニオンを受けよう!

納得して治療を受けるために知っておきたい、セカンドオピニオンについての学びサイト

セカンドオピニオンとは

セカンドオピニオンを受けたいのであれば、事前に知っておいた方が良い注意点いくつかあります。 後から知って後悔するようなことがあっては大変です。 特に重要なものをご紹介していきますので今後セカンドオピニオンを利用したいと考えているのであれば、知っておくようにしましょう。

セカンドオピニオンを受ける際のポイント

せっかくセカンドオピニオンを受けるのであれば、よりスムーズにそしてより効果的に利用したいですよね。 こちらのページではそのために必要となるポイントについて、ご紹介しています。 受けるべき時期と、主治医への依頼の仕方という2つのポイントについてまとめていますので参考にしてみてください。

セカンドオピニオンを受ける手順と必要なもの

セカンドオピニオンを受けることになった際には、どのような流れになっていくのでしょうか? 事前に用意しなければならない物も併せてまとめていますので、実際にセカンドオピニオンを受ける際にスムーズに進めることが出来るようにチェックしてみてください。

セカンドオピニオンを受ける前に知っておくべき注意点

セカンドオピニオンとは、現在診てもらっている主治医以外の医師に求める意見や診断のことです。
なんらかの病気になって、どこかの病院で治療を受けている際に診断内容や治療方針に疑問を持ったり不安を感じたりすることがあるかもしれません。
そんな時に、他の医師の意見を聞きにいくことがセカンドオピニオンとされています。
主治医以外の医師から、今受けている治療法が適切か、他に治療方法はあるのかなどを聞くことによって、より納得して治療を受けることができます。

元々はアメリカで始まったサービスで、日本では1990年代から始まったものです。
日本でセカンドオピニオンが広まってきたのは、医師に任せっきりにするのではなく患者がインフォームドコンセントを受けて納得した上で治療を選択して受けるという流れに変化してきたことが要因となっています。

セカンドオピニオンは転院をすること、医師を変えることというように捉えている人も多いです。
しかし実際には、そうではありません。
セカンドオピニオンを受けた後に、結果として相談先の病院や医師に換えることはあります。
ですが別の医師に相談をした後には、必ずその結果を持ち帰り主治医と相談することになります。
転院や医師を変えることが前提というのではなく、あくまで意見を聞いて選択肢を増やすということが目的なのです。

医療は日々進歩していますし、医師や病院によって行うことが出来る治療法は違います。
患者さん一人一人にとって最適な治療法を、医師と患者さん双方の納得の元で見つけていくためにセカンドオピニオンはとても大切なものなのです。

TOPへ戻る