納得して治療を受けるために知っておきたい、セカンドオピニオンについての学びサイト

>

セカンドオピニオンを受ける際のポイント

セカンドオピニオンを受けるのはいつ?

ではセカンドオピニオンはいつ受けるのが良いのでしょうか?
現状ではもうこれ以上出来る治療はないと言われた時に初めて、他にも何か治療法はあるのではとセカンドオピニオンを求める人が多いです。

しかしこういった最後の手段としてだけではなく、もっと幅広く使用することが出来るものだということを知っておいていただきたいです。

いつ受けるのが一番良いというものはありませんが、担当医の診断や治療方法に疑問や不安を感じるようであればセカンドオピニオンを受けることを考えましょう。

手術などを受ける場合には、一度受けてしまったらやり直すことは出来ません。
知らなかった治療法を後から知って、後悔しても遅いのです。

そうならないためにもまずは自分の病気や治療法について調べて、知識を持っておくということが非常に重要です。
その上で不安や疑問を感じるようなことがあれば、他の医師の意見を聞くということは非常に有効な手段です。

医師への依頼の仕方

実際にセカンドオピニオンを受けることを決めたら、次に考えなくてはいけないことは担当医にどのように依頼するかということです。

セカンドオピニオンを受ける際には担当医にその希望を伝えて、紹介状を作成してもらう必要があります。

他の医師の意見を聞きたいということは担当医を信頼していない、治療方針に文句があるからだと捉えられそうで言いづらいと思われるかもしれません。

中にはそのように捉えられてしまうこともあるかもしれませんが、それでも納得して治療を受けることが一番大切ですしそれは伝え方によって回避することが出来ます。

担当医のことは信頼しているということはきちんと伝えながらも、丁寧に自分の気持ちを伝えるようにしましょう。
関係性を悪くしないように、言われた担当医が嫌な気持ちにならないような言い方を心がけましょう。


Share!
TOPへ戻る